タバコを吸っている方の美白ケアは禁煙

  • 美白肌になりたいのならタバコを止めましょう!

    • 透明感を感じられる美白肌になる為には、肌にとってマイナスになる事を止める事が大切ですが、率先して止めた方が良いと言える存在としてタバコが挙げられます。



      タバコが美白の障害になる理由ですが、ビタミンCを破壊してしまうからです。ビタミンCは美容にとって欠かす事ができない栄養素ですが、ビタミンCは肌の代謝を良くする働きがあります。そして美白になる為には肌の代謝を促進して綺麗な肌に生まれ変わり易い状態を維持する事が大切ですので、その役割を担っているビタミンCを破壊するという事は美白から遠ざかる事にもなってしまうのです。



      しかも、タバコの怖いところはたった1本吸うだけで25〜100mgものビタミンCを破壊してしまう事です。



      そして1日に必要なビタミンCの最低量は100mgとも言われていますので、必要量をあっという間に破壊してしまう存在なのです。当然の事ながら1日に数本吸う方の場合ですと、ビタミンCの減少量は非常に大きく、肌にとってマイナスになる大きな要因になってしまいます。



      血流を悪くするのもタバコのマイナス点です。


      先にも述べたように代謝を良くする事が美白にとって大切です。



      しかし、タバコを吸った場合、血液がドロドロの状態になってしまいますので、肌代謝も当然の事ながら落ちてしまいます。



      肌代謝が落ちる事によってシミの原因であるメラニンも減り難くなり、お肌の大敵であるシミを増加させてしまう事にもなるのです。


  • 関連リンク