タバコを吸っている方の美白ケアは禁煙

  • 美白には日差しは大敵

    • 美白のために様々な化粧品を使っている女性は多いようです。



      今ではできてしまったシミを白くする医薬品なども登場していますが、そもそものシミの原因はなんでしょうか。

      その原因は肌内部に残ったメラニン色素です。肌がダメージを受けると肌内部で防御反応として作られるのがメラニン色素です。



      通常ならターンオーバーとともに肌の外に排出されますが、加齢やストレスなどが原因で肌内部に残ったままとなったのがシミなのです。


      つまりメラニン色素を作るような状態に肌をさらさなければいいのです。

      メラニン色素を作る原因の一つが強い日差しです。



      適度の日差しは身体に必要不可欠ですが、過剰になると肌にダメージを与えることになります。


      そこで過剰な日差しによるダメージから肌を守るために作られるのがメラニン色素なのです。
      つまり美白化粧品を使う前に、まずは日差しから肌を守ることが先決なのです。



      日焼け止めや帽子などで夏場の強い日差しから肌を守るのはもちろん、曇天やガラス越しでも降り注ぐ紫外線A波にも注意しないといけません。

      このA波は1年中降り注いでいるので冬場でも対策は必要です。



      ただ、今のファンデーションや化粧下地にはPAやSPFの機能が付いたものがほとんどなので、冬場などの紫外線の弱い時期はこれらの機能だけで充分です。

      ただ、本当に美白したいなら、日焼け止めで紫外線から肌を守るのは当然で、それに美白作用のあるビタミンC誘導体などを配合した化粧品を使うとさらに効果的です。



  • 関連リンク